FC2ブログ
逃走 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  Finally We Are No One

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Finally We Are No One

弊害なのか、最近は周りの人や集団に対しても無関心というか、正面から取り組んでいない。

人のこと考える時間が減った。

自分から逃げながら人と正面からぶち当たるってのは可能なのかしら。

不可能だと感じる。


昨日は昼に友人から電話があった。仕事を辞めると言っていた。月並みな言葉しかかけられなかった。動揺した。
福岡に帰ってきたら、たくさん話そうと思う。そんなことしかできないだろうし、そうして僕も救われたい。

昨日はゼミ見学に一人だけ来た。国際協力に興味を持っていて、リックというサークルにも入っている子。ゼミの後ご飯食べに行ったとき、その子が「最近、国際協力というものの胡散臭さや限界を感じるようになりました」ということを言っていた。
僕にはまだ理解できない。今思うと彼女の言う国際協力と僕の思っているそれとに大きな違いがあるのかもしれない。



そういえば、法学部の友人(よく教授に間違えられる)が「お嫁は親が見つけて来てくれる。愛情は後からついてくる。」と言っていた。
すごい考えだなと思ったけど、愛情は後からついてくるというのは説得力がある。

愛ってなんぞ。恋ってなんぞ。
[ 2010/01/22 06:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

モリゾー解体

Author:モリゾー解体
もりぷぅだよ

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。