FC2ブログ
逃走 TOP  >  スポンサー広告 >   >  450

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

450

先日どこかに行きたいと思い立ち、K山氏と二人で原チャにまたがり大分に行ってきた。

目的は、東洋のナイアガラと呼ばれる原尻の滝と、60年前に閉山した某鉱山。

これはその過酷な旅の全記録である。(写真多いので畳みます)

まずは大分の原尻の滝まで行ってきた。原チャなので下道で3号線を下り、325号で東へ。阿蘇山の北側を通り、豊後大野市緒方まで。東洋のナイアガラを見た。



20100829174517_convert_20100901151632.jpg

バーン!

20100829174754_convert_20100901152418.jpg



20100829175137_convert_20100901152700.jpg


日焼け対策で長袖着用。


20100829175615_convert_20100901152950.jpg

虹が二重に出ていた!
さらに、この日の夜は田舎の明かりが少ないところで野宿したので、夜遅くにも関わらず虹が見えた!夜中に虹見たの初めて。

20100829175731_convert_20100901153817.jpg

吊り橋。


そしてこの日は近くの石仏とか巡って、野宿することに。
暗くなって、近場にご飯食べるところがないか地元の人に尋ねると、繁華街は隣町まで行かないとないそう。結局15キロ走って隣町まで行き、インドカレーを食べた。こんな山奥でネパールの人が作るカレーを食べられるとは!

夜は近くで野宿。近くの運動公園を散策していたら、馬小屋があってびっくりした。真っ暗な中、馬がいた。うま。

次の日は朝早くから鉱山を目指して走った。15キロ戻って、そこから25キロ山の中を走る。山の中にはいくつも集落が点在していた。廃屋とか、廃集落とかあって、グッとこみ上げてくるものがある。この人たちはどんな生活をしているんだろう、と思う。で、どこまでコンクリート・ロードは続いているんだろうって、雫のこと想いながら考えていた。
山々にはところどころ霧がかかっていて、とても奇麗だった。空と緑と川と霧ばかり。あとコンクリート。

迷いながらもようやく着いた。60年前に閉山しているけど、汚水処理でまだ働いている人が数人いたので、見学の許可を貰いに「親方」のところまで行く。


20100830104303_convert_20100901154624.jpg

親方(13歳)

親方に許可してもらって、見学することに。


20100830104548_convert_20100901155546.jpg

親方のいるプレハブの奥に見える小さいのが昔の施設。


こんな感じ。


20100830093211_convert_20100901160125.jpg

なんかマチュピチュみたいになってる。

20100830093237_convert_20100901160313.jpg



20100830093313_convert_20100901160501.jpg



20100830094206_convert_20100901160639.jpg



20100830094227_convert_20100901160814.jpg


こんなのが何層にも山肌に連なっていて、上は本当に高いところ。

20100830094406_convert_20100901161024.jpg


コンクリートの壁はこんな感じ。うまく撮れていないけど、とてもいろいろな色でエモい。

20100830094551_convert_20100901161148.jpg


骨。

20100830094906_convert_20100901161308.jpg


上のほうにタンクが見える。

20100830095233_convert_20100901161706.jpg



20100830095358_convert_20100901235054.jpg


いい写真。かなり標高の高いところ。霧もいたるところに出ている。

20100830095925_convert_20100901161941.jpg


タンクの中。

20100830100924_convert_20100901162100.jpg


20100830101604_convert_20100901162231.jpg


この穴に入ろうとして、1.5メートルくらいの段差を登ろうとしたら、滑って胸を強打。悶絶しました。このとき、あらためて、廃墟ってすごいな、強いな、と感じた。廃墟は強い。


電池がなくてたくさん写真撮れなかったのは残念。もっとすごかった。
見学終了し、親方に挨拶したのち、ちかくの廃屋へ。


20100830110636_convert_20100901162350.jpg


商店だったみたい。


20100830110935_convert_20100901162507.jpg


廃墟見てると、うんこしたくなる謎。


すごく満足でした。

このあとは、久住のほうを通り、黒川温泉に寄った。3軒の温泉に入ったけど、女体は見れませんでした。

そして、小国、鯛生金山、中津江村などを抜け、八女に。8月なのにすごく寒かった。

そのまま3号線を通り帰宅。

一泊二日で、夜に家にたどり着いた。総走行距離450キロメートル。一気に走った中では一番長かった…。疲れたけど良い旅だった。

書いてないことたくさんあるけど、この辺で。すごく楽しかった^^
[ 2010/09/01 00:32 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

モリゾー解体

Author:モリゾー解体
もりぷぅだよ

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。